ウェットタイプ対応

おやつとしてのキャットフードの詳細

キャットフードを購入しに店舗に出向いた時に猫のおやつの取り扱いの少なさを感じることがあります。
これは、特に犬と猫を一緒に飼っているは強く感じることです。
犬のおやつはたくさん販売されているのに猫はほとんど売られていないのはなぜでしょう。

もともと、猫も犬も総合栄養食であるキャットフード・ドッグフードさえ食べていれば補食の必要はありません。
しかし、犬にとっても猫にとっても食べることは一日の中で好きなことの一つです。
そこで、朝晩の食事以外におやつを少量もらえることは嬉しいことです。
また、おやつをもらうことで飼い主とのコミュニケーションの時間にもなります。
特に猫は犬のように飼い主にべったりで過ごすことはあまりありません。
そのため、おやつをもらうために甘えてきたり、おやつの支度の音を聞いて近づいて来たり、といったことは飼い主にとってもうれしい時間になります。
なので、そういった意味でおやつの時間を活用する方法があります。

おやつの時間は本来なくても良いものですから、与える際は朝晩の食事を減らしてその分をおやつとして与えるのがベストです。
もちろん、味を変えるために猫用のおやつを与えることもよいでしょう。
大事なのはカロリーオーバーや栄養過多にならないように一日の食事量はきちんと守ることです。

おやつの時には、いつも朝晩食べているものを与えて問題ありません。
しかし、せっかくのおやつだからいつもと違うものを与えたいと思う人もいるでしょう。
犬はしつけのためにおやつを活用することがあります。
猫はしつけをすることはほとんどないですし、性格上難しいです。
そのため、猫用のおやつのニーズが低く商品が少ないのです。
そこで、おやつに何か購入して与える人よりはキャットフードをおやつに活用する人が多いようです。

他の方法として手作りのおやつを与える方法もあります。
しかし、猫には食べてはいけない食品もありますし、おやつのカロリーや栄養素も気に欠ける必要があります。
おやつのためだけに手作りするのは手間がかかってしまうためあまりお勧めできません。
場合は普段のキャットフードとは異なるものを与えるのも有効な方法です。

Copyright(C) 2013 猫に欠かす事ができない大事な事 All Rights Reserved.